眠れない原因は実は冷えているから

私は仕事が朝早いので、夜は10時までには寝ていたいのです。

が、寝付きがあまり良くなくて、布団に入ってから寝るまで悶々としている時間があります。

長いと2時間ぐらい寝れないことも。

そんなときは頭が起きている状態で、何か考え事をしていたり、悩んでいたりするときが多いです。

寝付きが悪い翌朝は当然寝不足で起きるのがつらい。

寝付きを良くするためにいろいろ試した結果、体が冷えていると寝付きが悪いことが分かってきました。

特に冬はただでさえ寒いので、寝る頃にはお風呂で温めた体も冷えてしまっています。

そこでとにかく暖かい状態で寝れるように湯タンポを布団の中に入れるようにしました。

そして足は必ず靴下を履くようにしたんです。

そしたらかなり眠りに落ちるスピードが早くなりました。

そして寝る直前はなるべくテレビや携帯の画面を見ないようにしています。

いろんな情報を見てしまうと頭が冴えてきてしまうので、それが眠りを妨げる大きな原因かもしれません。

ちなみに寝不足の朝は絶対コーヒーを飲んでいます。

コーヒーを飲んでいると少しずつ目が覚めてきますよ。

北の大地の夢しずく 効果