外国為替市場の関係性

現実にコンピュータの前に座って、止まることなく変化しているマーケットを見ると、どことなくエントリーをする衝動が生じる人も少なくないと思います。

 

だが、不確かな思いつきでエントリーするのは、絶対に避けてほしい。

 

確かに、相場は24時間、常にどこかのマーケットが開かれているし為替レートもいつでも変動している。

 

だからといって、闇雲に注文を重ねていると、その分損をする率が高くなります。

 

当たり前ですが、取引の数を重ねることによってトータルで勝ち負けの可能性が五分五分になるのは事実。

 

しかしそれは「なんとなく勘でトレード」することとは別の問題です。

 

トレード回数を積むという意味は、自分自身が「ここは勝てる」と直感した確信を持った場合のトレード回数を積むという事を言っています。

 

何となく、休む間もなく売買を経験するのとは違います。

 

相場の駆け引きに負けないためには、自ら思案してメリハリをつけることが肝心です。

 

「ここは!」と思った外国為替相場の時には、迷うことなくポジションを増やして覚悟を決めて利益を求めます。

 

「難解なマーケットで、どう変化するのか理解できないな」と感じたならば、潔く売買ポジションを全部見切りをつけて何もせず静観します。

 

それぐらいのテンポでやった方が最終的にエントリーは勝てます。

 

マーケットの金言には「休むも相場」というものがある。

 

実にその通りだと思います。

 

外国為替相場とは常時ポジションを保持する事が大切ではなく、ポジションを所持せず静観していることも場面によっては、外国為替相場です。

 

そうであるならば、いつ、休む必要があるのでしょうか。

 

第1に言われるのが前述したように、直近の為替相場が具体的に分からない時です。

 

そこから高くなるのか安くなるのかわからないような時はヘタに動くと、自身の思い描いた脚本とは逆の方向に相場が変化してしまい、損する事になってしまいます。

http://adgjm.net/blog/?us=xjkort

だから、そのような場面ではポジションを無くして、そのままの状態で静観しているのが最良の選択です。

 

第2に、己の体の状態がすぐれない時です。

 

健康状態と外国為替市場に関係性はないと思う方もいると思いますが案外関係があります。

 

コンディションが変な時は、外国為替市場の決断しなければいけない状況で冷静な決定をする事が難しくなります。

 

気分が乗らない時は、マーケットから目をそらす事も重要な事です。