やっとこさ

やっと始める時という局面では、始めに下準備を怠ってはならない。

 

売買を行う前ならば起こる事を理性的に観察する事が出来ます。

 

だが、取引の内部へ深入りすると、どうあがいても物の見方が独りよがりになる事が多く往々にして正しい考え方が出来なくなる。

 

リスクがあります。

 

だから自身の頭の中が客観的な時に、きちっと準備する事が不可欠です。

 

"事前準備"するためには、最初は自分の物語を作る事からスタートします。

 

未来の投資状況は上がる(または下がる)から米ドルを売る(あるいは買う)みたいな、自分で考えたシナリオを立てていくのだ。

 

次に大事なのは時間足チャートを見ましょう。

 

今までの市場の値動きをチェックして、現時点での値段をチェックします。

 

そうしたら、「今のところなかなか低すぎる場面にあるな」もしくは「すでに多数の投資家の方々がエントリーしているからこれから遅れて売買してもすでになすすべがない」ということが理解できます。

 

今となっては買い(または売り)するのが遅いと考えたならば、仕かけないで、そこはすっぱりと諦めることが必要です。

 

どう工夫してもストーリー展開を譲らずに無理やり取引すると相場にやられて、逆に為替差損を受けることになります。

 

とは言うもののたいがいの場面で事前に準備している自分自身のシナリオを考えておけば、買い(または売り)が手遅れという状況にはなることはありません。

 

本格的に為替相場が上げ下げする前のはずだからです。

 

次に、自分がとろうとしている外貨ポジションの上下動をちゃんと調べる事が肝心。

 

仮定としてドル高が進むであろうというストーリー展開を記したのであればその通貨の上げ下げに注意を払っておきます。

 

為替相場の上下動を注視し始めた場面では、まだまだドル円は分かりやすく上げ下げする兆しを見せないでちょっとした変化を繰り返しているだけだろう。

 

しかし、その推移を正確に気をつけているとあるポイントで確実に円安の方向へと相場が動き始めます。

 

このチャンスでいよいよ、ドル円の新規取引します。

 

基本的に、ここまで十分に計画さえしておけばそのエントリーで勝てる可能性は比較的高まるはずだ。